金合金・白金加金

金合金・白金加金

金合金・白金加金とは

金パラ画像 金合金・白金加金とは、歯科治療で使用される金属の一種で、歯科治療用の金属に用いられています。
アレルギー反応の恐れが最も少ないといわれている金をベースとした合金の呼称です。
一般的に金の含有量50%以上のものにパラジウムを混ぜ合わせたものです。
白金加金は、金に白金(プラチナ)を加えたもので、「ホワイトゴールド」とも呼ばれてます。
色は成分比率により金色と銀色のものがあり、セラミック素材(白い)以外で歯科治療用金属としては最高の素材ともいわれます。変色にも強い特徴があります。
金を主成分としたパラジウム、白金、銀、銅、亜鉛、スズ、イリジウム、コバルト、その他の金属を混ぜ合わせた化合物です。
金合金・白金加金は金、白金、パラジウム、銀、その他金属の含有量により、各メーカー別取扱製品各々価格(値段)が異なります。
主なメーカーとしては、山本貴金属地金株式会社、石福金属興業株式会社、ノリタケデンタルサプライ、大信貿易株式会社など、各メーカーのハイプレシャス、セミプレシャス、プレシャスなどの歯科メタルセラミック修復用貴金属材料や、陶材焼付用合金、鋳造用合金など。

本日の金合金買取価格

08/25

23,244

前日比買取価格-251円

本日の歯科用K18買取価格

08/25

26,228

前日比買取価格-208円